みことば

あふれるばかりに

みことば

11月の聖句

コロサイの信徒への手紙 2章7節

 神さまに結ばれたものは、その内側から感謝があふれます。子どもたちのすべてにおいて、喜びに満たされていることを願っています。

思いをひとつに

みことば

10月の聖句

コリントの信徒への手紙二 13章11節

 思いを一つにすることは容易にできることではありません。ゆっくりと時間をかけて、私たちがお互いに、そして、神さまを見つめるときに初めて本当の意味で一つとされるのです。

別け隔て

みことば

9月の聖句

ローマの信徒への手紙 2章11節

 人は人を分け隔ててしまうことがあります。私たちもイエス様にならうまなざしを持ちたいと願います。

平和を

みことば

8月の聖句

マタイによる福音書 5章 9節

どんなことにも

みことば

7月の聖句

テサロニケの信徒への手紙一 5章16~18節

 6月は「花の日」をむかえます。
 神さまに愛されているものは、いつも喜びの中を歩きます。大変で、辛い中にも喜びを見いだせるものになりたいと願います。

成長させてくださるのは

みことば

6月の聖句

コリントの信徒への手紙一 3章 6節

 6月は「花の日」をむかえます。
 私たちは種を植え、水をやり、草花の育っていく様子を見ています。その一方で神さまの愛によって、大きな養いがあることを心からおぼえ、感謝します。

神は

みことば

5月の聖句

ヨハネの手紙一 4章 11節

 私たちは神に愛されたものとして、生まれてきました。これは大人も子どもも等しく同じ恵みが与えられています。自分を大切にし、自分の周りの人を大切にします。

復活であり

みことば

4月の聖句

ヨハネによる福音書 11章 25節

 人間の罪は、神さまから離れることを意味しています。しかし、イエス様の十字架によって、神さまと歩む命は永遠に続くことになりました。イースターはそのことのお祝いです。
 *保育園では一か月にひとつ、聖書の中から大切な個所を抜粋して、味わいます

そうすれば

みことば

三月の聖句

マタイによる福音書 7章 7節

子どもが必要とするものを保護者の方が知っているように、神さまは私たち一人ひとりに今必要なものを与えてくださっています。

鹿が水を求めるように

みことば

2月の聖句

詩編 42章 2節

 鹿は以前の谷川の流れを求めて、涸れた谷に水が流れることを待っています。困難な状況にあったとしても、命の潤いを必ず与えてくださる神さまをいつも信じて歩んでいきます。

« 古い記事