最近の記事から

秋の季節は生活リズムを

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

 台風や残暑を経験し、さわやかな秋晴れの喜びを実感しています。
 すごしやすい秋の季節は生活リズムを見直すのにちょうどよい気候です。
 早く寝る習慣をもつ。朝ゆとりをもって起きる。そして、しっかりと朝食をとって、からだにエネルギーを行き渡らせ、元気に登園してほしいと思います。
 起床後二時間ほどでようやく脳の覚醒が果たされるそうです。ということは、保育園の主活動が九時から始まりますので、なるべく七時には起床する必要があります。
 それぞれのご家庭の生活時間には違いがありますが、子どもたちの健やかさのもとになる大切な時期ですので、ご協力よろしくお願いいたします。
 今年も緑ヶ丘第一公園にてわくわくプレイデイを行います。
 近隣の方のご協力も得ながら、子どもたちと少しずつ準備をしています。
 今回はプログラムの中にわらべうたの時間を設けました。また、健康体育の桑村先生による、巧技台や短縄の運動の様子も見ていただきます。できる限り普段の保育園の様子を保護者の方に知ってもらおうと思ってのことです。
 どうぞご家族で子どもたちの成長の姿を間近にご覧ください。

沖に漕ぎ出して

みことば

10月の聖句

ルカによる福音書 5章4節

世の中には虚しいと思うことがあります。しかし、神さまは信じ続けることを求めています。私たちはどんな時でもあきらめずに互いに愛をもって向き合いたいと思います。

ライブペイント開催

行事

 芸術の秋―。ばら組さんは先月、ライブペイントを楽しみました。子どもと画家の井上直さんとで大きな「はこぶねとにじ」の絵を完成させました。井上さんのダイナミックで、鮮やかな色づかいに子どもたちと興奮しました。
 「えのたつじんがきた」「どうやったらうまくかけますか」
 子どもたちから、たくさんの感想や質問が出ます。
 「うまくなることよりも、好きになることやね。絵の具と友だちになろう。」また一つ良い出会いをいただきました。
 油彩画展に来てくださったご家族も多くあり、嬉しいことでした。

色々なことが豊かになる秋

だいさんへいわ

 ようやく夏の暑さから解放されました。
 この夏も、日を選んで、水遊び、プール遊びも安全に行うことができました。乳児クラスは、沐浴を兼ねて、大きなたらいに水をはって、おもちゃのアヒルをすくってみたり、シャワーを上から流して遊んだりして、水に親しみました。
 気持ちのよさに思わず「きゃっ」と声が出て、笑顔がはじけます。
 幼児クラスは、安全監視の職員を立てて、存分に顔を水につけ、できる子はすいーっと端から端まで泳いで楽しみました。
 ひと夏を越えた子どもたちに感じているのは、クラスの仲間や職員とも喜びをともにできることの経験が多くあったということです。
「今日は大きいプールでもぐれたよ」「プールにふねを浮かべたんだよ」「おわってから飲んだうめジュース、おいしかったよ」
 と帰りの玄関先で、親子で話しが弾んでいる姿を見て、安心しています。
「コミュニケーション力というのは、おしゃべりができるということではなく、どれほど子どもが喜ぶことを分かち合うことができるかということです」児童精神科医の佐々木正美氏の著書の一文です。
 私たちはつい悲しむこと、人の痛みに共感できることを子どもたちに期待しますが、まずその前に子どもたちが何を喜んで過ごせているのかをいつも考えて歩みたいと思います。
 この夏は、第二平和保育園のばら組さんも三階の大型プールに遊びに来ました。五月のあすなろキャンプ以来でしたが、喜びを共有した仲間として迎えたいと、帰りに引き留めて保育室に立ち寄ってもらいました。
 ただ、お部屋でお茶を飲んでもらっただけなのですが、それだけでもお客さんを保育室にお招きしたばら組の子は誇らし気でした。
 色々なことが豊かになる秋が始まります。

ただ一つ

みことば

9月の聖句

フィリピの信徒への手紙 3章13・14節

足元を見ていると転んでしまいます。
神さまを見上げて、走るときに私たちはしっかりとした足どりで進むことができるのです。

梨もぎ(ばら組5歳児)

おしらせ

9月6日(金) 梨園 丸荘園(松戸市高塚新田)
すぐそばが東部スポーツパークです。
梨もぎ後アスレチックでたくさん遊んで、お弁当を食べて帰ってきます。

井上直 ライブペイント(ばら組5歳児)

おしらせ

9月20日(金)第一平和保育園はこぶねホール
油彩画家 井上直さんと第一平和、第二平和のばら組児と共に大きな「ノアの箱舟」の絵を作成します。
芸術家が大きな作品を仕上げる姿を目の前で見る体験をします

井上直 油彩画展

おしらせ

9月23日(月)~29日(土)10時~19時
松戸教会六階ロビーにて
井上直さんの個展が開かれます。ぜひご来場ください。

梅雨の合間の日差しから

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

 梅雨の合間の日差しから夏の到来を予感させます。
 よく陽の当たる屋上で子どもたちが一生懸命水やりをし、キュウリやトマト、ナスなど色鮮やかな夏野菜が見る見るうちに
大きくなりました。
 日々の小さな変化にも子どもたちは気がついてくれて、多くのことを教えてくれます。

 いよいよ楽しみにしている水あそび、プール遊びが始まります。先日は屋上に大きなプールを出しました。
 魚のようにすいすいと、浅いプールでパシャパシャと、バケツに汲んでじゃぶじゃぶと、それぞれの楽しみ方があります。
 安全を最優先にしながら水に親しみたいと思います。

 夏の生活のために限ったことではありませんが、特にご家庭に次のことをご協力いただきたいと思います。
1.早寝早起きを心がけ、十分に休息、睡眠をとりましょう。
 夏はとても体力を消耗します。お休みをとって、ご家庭で過ごす時も無理せずにお過ごしください。

2.朝ご飯をしっかり食べましょう
 身体も目覚めるためには朝食はとても大切です。塩分、水分もしっかりととることで熱中症予防にもつながります。

3.身だしなみをきれいにしましょう。
 爪や髪の毛、身に着けているものも清潔を保ってください。

世の光

みことば

7月の聖句

マタイによる福音書 5章14節

暗闇の中に与えられた光は部屋のすみずみまで明るくしてくれます。わたしたちも神さまからの愛は子どもに触れる手のあたたかさや柔らかさからも伝わるのだと信じています。

« 古い記事