最近の記事から

保護中: おうちですごす ほいくえん の みなさんへ

だいさんへいわ 動画配信

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

早くこの状況が収束して、

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

5月に入りました。
 保育園で、また、各ご家庭の中でこの「たより」を手にされている方も多くあります。
 本来ならば、ようやく子どもも保育園の生活に慣れて、皆さんもお仕事も順調にスタートを切って、連休でほっと一息、といった時期でした。
 今年は、大型連休といえども外出がかなわず、家の中で毎日お子さんと何をして過ごそうかとそれぞれの家庭で悩まれたかもしれません。
 できるだけ早くこの状況が収束して、これまでどおりの生活に戻ることを願っています。
 連休後にご連絡いただきましたご家庭からは、「いつもより特別に親子で濃密な時間をすごしています」といったお返事もいただきました。また、職員に励ましのお言葉をいただき、職員一同ありがたく思いました。
 この期間、ご不便をおかけしていますが、いつでもクラスの全員が揃って生活が進められるように備えを万全にしておきたいと思います。

 新しい建物の引き渡しを受けたのが、3月の終わりでした。こちらもまだ十分に使いこなせていないうちに、自粛、休園期間に入り、皆様におかれましては、園内も紹介できない状況が続いています。
 新しくできた園庭には是非緑を植えたいとお願いし、築山には芝を、その周りには、シロツメクサを植えています。春雨に種が流れたのか、園庭の端の方から小さな芽がたくさん出て、青々としきました。
 季節ごとに花の付く樹木も植え、園庭に出るのが楽しみになります。フェンスの向こうは国道なので、あまり期待はできませんが、いずれは小鳥が来たり、トンボやバッタがとんだりすることを夢見ています。

※新園舎については、少しずつこのおたよりでお知らせできればと思っています。

5月、6月の工事について

おしらせ

新型感染症の影響で、工期も遅れております。
現在、行っている工事です。

  • 駐車場からの階段、入り口の工事
  • A棟、B棟を結ぶ連絡通路
  • 0、1歳児室外のテラス
  • A棟二階廊下のゲート工事

結ぶ実

みことば

5月の聖句

ガラテヤの信徒への手紙 5章22節

 私たちは愛を、言葉や行いによって目に見えて表すことができます。神さまからいただく恵みは、私たちの気がつかないうちに私たち自身に備わって、表れています。
 ふりかえって、その喜びに感謝するものでありたいです。

松戸市内保育所・放課後児童クラブ 臨時休園・休所期間 延長に伴う当法人の方針

おしらせ

利用者の皆さま

松戸市内保育所・放課後児童クラブ
臨時休園・休所期間 延長に伴う当法人の方針

2020年4月28日
社会福祉法人ピスティスの会
理事長 村上恵理也

 

 今般の感染症拡大の局面において、皆さまには当法人保育施設運営のために多大なる協力を賜り心より感謝申し上げます。
さて、4月28日付、松戸市より市内保育所および放課後児童クラブを休園・休所措置を5月31日まで延長する旨、一斉通知が出されました(別紙参照)。これをご覧いただき、職場に対する各種申請等のためにご活用ください。

 

 一方、当法人保育施設では、休所期間においても規模を縮小した形で保育を継続します。現在、利用されているご家庭の保育の必要については、施設でも認識しているところですが、改めまして保育所をご利用の方には「保育利用申込書」(別紙)の提出に、放課後児童クラブをご利用の方には「休所中における利用申込書」(別紙;松戸市長宛の申込書ですがクラブにお持ちください)の提出に、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 同時に、特殊な事情もあろうかと拝察します。当法人施設では保育の必要には最大限応える所存です。ご不明な点や相談等ありましたら、施設にお問い合わせください。
 

 すべてのご家庭において、親御さんにもお子さんにも疲れが蓄積していることと思います。どうぞ身体と心を大切にお過ごしくださいますように。
 施設には休所期間も職員が常駐します。家庭保育に協力いただいているご家庭を含め、何かありましたら遠慮なく連絡をしてください。
 皆さまと力を合わせて講じる諸対策が功を奏し、施設にお子さんを迎える日が早いことを祈ります。

以上


臨時休園・休所に伴う当法人の方針

おしらせ

利用者の皆さま

松戸市内保育所・放課後児童クラブ
臨時休園・休所に伴う当法人の方針

2020年4月23日
社会福祉法人ピスティスの会
理事長 村上恵理也

 先般の緊急事態宣言発令以降、松戸市内保育所・放課後児童クラブ登所自粛要請期間、皆さまには当法人保育施設運営のために甚大なる協力を賜り心より感謝申し上げます。
 さて、4月22日付、松戸市より市内保育所および放課後児童クラブを休園・休所とする旨、一斉通知が出されました(別紙参照)。4月24日から5月6日(現時点での予定)と定められる本措置は、施設集団感染を含む市内感染者が増加し続ける状況を鑑みて実施されるものです。

 
 一方、当法人保育施設では、休所期間においても規模を縮小した形で保育を継続します。ただし、ご家庭の状況を、今般示されます松戸市の基準に照らして、より厳密に確認させていただくこととなります。現在、利用されているご家庭の保育の必要については、施設でも認識しているところですが、改めまして保育所をご利用の方には「保育利用申込書」(別紙)の提出に、放課後児童クラブをご利用の方には「休所中における利用申込書」(別紙;松戸市長宛の申込書ですがクラブにお持ちください)の提出に、ご協力いただきますようお願い申し上げます。
 しかしまた、行政の示す基準には表現されない、特殊な事情もあろうかと拝察します。ご不明な点や相談等ありましたら、施設にお問い合わせください。
 
 すべてのご家庭において、通常ならざる生活から来る疲れが蓄積していることと思います。どうぞ身体と心を大切にお過ごしくださいますように。
 施設には休所期間も職員が常駐します。家庭保育に協力いただいているご家庭を含め、何かありましたら遠慮なく連絡をしてください。
 皆さまと力を合わせて講じる諸対策が功を奏し、収束の日を迎えることを祈ります。

以上

松戸市ホームページには、施設に提出する「保育利用申込書」、勤務先事業者に提示する「市内保育施設等における休園について」など関連文書の掲載があります。
保育所
放課後児童クラブ

喜んで歩みを始めていただく季節

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

ご入園、ご進級を心からお祝い申し上げます。
 4月になりました。皆さんそれぞれが新しさに導かれて、喜んで歩みを始めていただく季節です。
 初めてお預けになるお家の方の目にはどのように映ったでしょうか。お子さんと離れることの心持ちはとても印象深い瞬間です。
 最初は大好きなお家の人が少しでもそばにいないと不安で涙します。この期間はお家の方にとっても子どもと気持ちをつなぐ時として大切です。少しの間、ご辛抱ください。しばらくするとかならず笑顔で「いってらっしゃい」ができるようになります。

 新館(B棟)がようやく完成し、4・5歳児は2つの合同クラスとして新しい生活を始めました。これまでのお部屋の雰囲気を引き継いで温かみのあるお部屋になりました。
 初めての日は、2階のホールで礼拝をささげました。「私たちはこのホールで運動して身体を強くし、聖書のお話をきいて心を強くします。」と子どもたちと確認しました。
 今年は新型コロナウィルス感染症のことで、あらゆるところで我慢を強いられる生活が続いています。
 ご家庭も私たちも、愛される喜びを知る子たちに励まされ、朗らかな毎日を過ごしてまいりたいと思います。
 至らない点などお気づきのことがありましたら、送迎の折などにお声を寄せていただければ幸いです。

あの方は

みことば

四月の聖句

マルコによる福音書 16章7節

イースター礼拝

おしらせ 行事

レント(受難週)のこの時期は、イエスさまの十字架の苦難をおぼえて、過ごします。
 そして、イースター(復活日)を保育園の子どもたちと祝います。 かたい殻を破って、命が生まれることから、たまごを飾ります。
・各クラスでイースターの礼拝をおこないます。

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

 ばら組さんと行った5月のあすなろキャンプでの夕食。
となりに座った子がひとことつぶやきました。
「たのしいなあ。こんなにたのしいことがずっとつづくといいなあ。」「そうだねえ。」
その日は何か月も先のことなのに、この子たちの卒園の時をイメージして、しんみりしてしまったのを思い出します。
いよいよ、はばたきの季節となりました。
この一年もお家の方とご一緒に子どもたちの育ちを見させていただきました。さまざまな「初めて」を経験し、毎日見て、触れて、感じて、を繰り返し、同じクラスの子と話し、たくましく成長する子どもたち。私たち保育者一人一人は、子どもから支えられ、大きな力をいただくことができました。
卒園する子どもたちと一緒にさんびか「やさしいめが」を歌います。

やさしい目が きよらかな目が
今日もわたしを 見ていてくださる
まっすぐ歩きなさいと
見ていてくださる

(こどもさんびか)

 やさしくきよらかな目、大きなあたたかい手、限りない広い心・・・。いつもわたしたちは神さまからいただく恵みを子どもたちに向け続けたいと思います。
平和保育園の子どもたちは、聖書のお話を聴いて、心がしっかりと育まれた強い子だと確信しています。

まもなくそれぞれのクラスで新しい歩みが始まります。
保護者の皆様の一年間のお支えに心から感謝申し上げます。

« 古い記事