最近の記事から

お家の方同士もぜひ

だいさんへいわ 新しい月を迎えて


この季節によく合った素敵なさんびかです。
透き通った空気を胸いっぱいに吸い込んで、朝の登園時間は早春を実感するものです。
寒い季節、外に出て、吐く息の白さを面白がったり、霜柱を踏んだり、バケツの氷の中に枯れ葉が閉じ込められていたりと、ご近所の自然にも気がつきます。
子どもと指差ししながら、「ちいさいとりがとまったね」「つぼみが大きくなったね、もうすぐさくかなぁ」と幼児クラスの子もお家の方と手をつないで登園される姿があって、嬉しく思います。
親子での朝の登園こそ、少し早起きして、楽しく来ていただきたいものです。
「おはようございます!」元気よく挨拶をしてくださることで職員も力をいただいています。
お願いしたいのは、お家の方同士もぜひ挨拶を交わしていただけたら幸いです。

先日は、わくわくワークランドを開催いたしました。
ご多用の中、ご出席いただきありがとうございました。
日頃の保育園での様子、来年度に向けての準備についてお伝えする機会が与えられてよかったです。
同じクラスのご家族で交流を深められ、保育者も大変感謝の多い会でした。
会を終えて、貴重なご意見もいただきました。
本当にありがとうございます

最も大いなるもの

みことば

二月の聖句

(コリントの信徒への手紙Ⅰ 13章13節)

どんなに良いものを提供したとしても、それが愛によらなければ、意味を持たないと聖書は教えています。
私たちが子どもの喜びや悲しみを共に自分のこととして、歩むことが求められています。

歯みがき教室がありました。(4、5歳児)

報告

保健福祉センターから歯科衛生士の方が来られて、歯みがき指導がありました。子どもたちもよく話を聞いて、丁寧に磨くことができました。お家でも歯みがきの様子を見て頂ければ幸いです。

インフルエンザ警報発令中です

おしらせ

引き続き、うがい、手洗いを励行してまいります。
ご家族で罹患した方があれば、すみやかに保育園までお知らせください。
職員も日中マスク着用で対応させていただく場合があります。
ご了承ください。

子どもたちの心にしっかりと

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

子どもたちの元気なあいさつで始まりました。
正月休みはお家でゆっくりすごされたことと思います。
昨年の同じ正月と比べ、できることが増えて、ご家族もたいそう喜ばれたのではないでしょうか。
「だいぶお話がはっきりとできるようになりました」「しっかりと歩けるようになりました」
日々新たな成長に保育者も共にうれしくさせていただいています。
新しい年の始まりに確認したいことは、こうした目に見えることとあわせて、心の成長も大切にしたいということです。心のことは振り返ってのことよりも、「いま」の状態が大切です。「今日」、また「いま」、この子の状態がどうなのかをしっかりと受けとめたいと思います。
年の初めに幼児クラスで礼拝をしました。
神さまの声をしっかりと聴くことのできる澄んだ心を持っているという点で子どもは大人よりも優れているというお話をしました。
保育者一同、子どもたちの心にしっかりと寄り添うことのできるよう穏やかな気持ちでお迎えいたします。
新しい年もどうぞよろしくお願い申し上げます

羊飼い

みことば

1月の聖句

201901mikotoba

ヨハネによる福音書 10章11節

良い羊飼いであるイエス様がいつも私たちを見ていてくださると信じ、安らかに過ごすことができます。

アドベントクランツに

だいさんへいわ

子どもたちと一本ずつ灯るアドベントクランツのロウソクをみつめながら、このさんびかを歌っています。保育園のクリスマスはアドベント(待降節)、「待つ」ことから始まります。アドベントは「到来」という意味です。

家畜小屋の赤ん坊イエス様を思うとき、保育園のおさな児と重ねて教えられることがあります。それは、ご家族の方や保育者の愛情や助けがなければ、生きることができない、本当にか弱くて、大切な存在だということです。
神様の子どもであるのに王様のように馬車に乗ってくるのでも、権威ある立派な姿でもなく、小さくて弱い姿で来られます。
しかしながら、確かな小さい光が与えられ、やがて全ての人を明るく照らす光となります。

2000年前のクリスマスはイルミネーションやごちそうでにぎやかにお祝いするものとは程遠く、寒く、貧しく、寂しいところに始まりました。

今年も4、5歳児によってクリスマスページェントがささげられます。
ユダヤのベツレヘムの夜の出来事を子どもたちが一生懸命に再現してくれます。子どもたちは演じることを通して、そして私たちはこのページェントを見ることによって、本当に一人一人に与えられた喜びだと知ることができます。

クリスマスはお子様それぞれの上にご家族の愛情がより一層注がれる日だと心から思います。
クリスマスおめでとうございます。

この方こそ

みことば

12月の聖句

ルカによる福音書 2章11節

 

目に見えないいのちに

新しい月を迎えて



 先日、ばら組さんと芋ほりに出かけました。
 地中の見えないところに色鮮やかな大きなさつま芋が埋まっています。畝に隠れた一株一株を子どもたちと手探りで掘り当てるわけです。
「せんせい! みて。いっぱいとれた!」
「ながいのもあるよ!」
 秋の実りを実際に肌で感じることのすばらしさに心がおどります。
 秋晴れの乾いた空の下、土のにおいをかぎつつ、全身を使って収穫を体感した私たちは、日ごろ何気なく口にしている向こう側に様々なご苦労があることも教えられます。
 単純に収穫を体験するだけでなく、奥の深い豊かな時間をすごしました。
 今月は収穫感謝を迎えます。単に実りに感謝するということだけでなく、私たち自身も育てられることに感謝したいと思います。目に見えないいのちに支えられている恵みに心から「ありがとう」と言える一人一人でありたいと思います。
 あわせて23日は「勤労感謝の日」です。
 日ごろの皆様のお働きを「ありがとう」と子どもとともに感謝して、過ごすひと月としたいと願っています。

あふれるばかりに

みことば

11月の聖句

コロサイの信徒への手紙二章七節

イエス様はいと小さきものに寄り添う方です。
私たちも子どもたちにいつも「ありがとう」と伝えるものでありたいのです。

« 古い記事