収穫感謝の日

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

 11月は収穫感謝の日を祝います。
 これは、アメリカの祝日、“サンクスギビングデイ”に由来しています。
 いまから400年ほど前の話です。
 イギリスからの移民としてアメリカにきた人々は、到着した最初の年に食物を得ることが難しく、多くの死者を出しました。
 その時に助けてくれたのは、その土地に詳しい先住民でした。先住民から知恵を得、翌年には穀物の収穫を豊かにすることができました。
 しかし、その後のアメリカはしばらく悲しい争いの歴史となりました。
 戦いが終わりを迎えたとき、第十六代大統領のリンカーンは、この日を家族で迎える日、与えられた恵みに感謝する日として、「サンクスギビングデイ」として祝日としました。
 保育園では、この日、秋の実りとあわせて、野菜や果物を囲んで礼拝をささげます。
 今年は特に普段保育園の中でいただいている給食の食材を並べて、育ててくださる農家の方や運んでくださる業者の方、給食の先生にも「ありがとう」の機会をもちます。
 私たちは、すべて自分の外から入ってくるものによって、大きくなります。しかも、私たちが口にするまでに相当な時間や働きを要しています。
 育まれた命をいただきながら、わたしたちの子どもにかける言葉の豊かさの大切さをおぼえます。
 そして、いただく命のもとに神さまがいます。
 自ら発する「ありがとう」の言葉に満たされながら、やがてくるアドベント、そしてクリスマスのことを思い、この月を過ごします。

«