子どもたちの心にしっかりと

だいさんへいわ 新しい月を迎えて

子どもたちの元気なあいさつで始まりました。
正月休みはお家でゆっくりすごされたことと思います。
昨年の同じ正月と比べ、できることが増えて、ご家族もたいそう喜ばれたのではないでしょうか。
「だいぶお話がはっきりとできるようになりました」「しっかりと歩けるようになりました」
日々新たな成長に保育者も共にうれしくさせていただいています。
新しい年の始まりに確認したいことは、こうした目に見えることとあわせて、心の成長も大切にしたいということです。心のことは振り返ってのことよりも、「いま」の状態が大切です。「今日」、また「いま」、この子の状態がどうなのかをしっかりと受けとめたいと思います。
年の初めに幼児クラスで礼拝をしました。
神さまの声をしっかりと聴くことのできる澄んだ心を持っているという点で子どもは大人よりも優れているというお話をしました。
保育者一同、子どもたちの心にしっかりと寄り添うことのできるよう穏やかな気持ちでお迎えいたします。
新しい年もどうぞよろしくお願い申し上げます

«